猫の拓郎があぶないかも。

口内炎・緑内障・15歳半の猫。
元気でいるのがおかしいかもしれないが、ずっと低空飛行でがんばってきたが、この1週間くらいで調子をおとした。
今日は牛肉入りの缶を温めたらすこし食べた。綱渡りの日々だ。覚悟しなくてはかなあ、と思ったが、まだまだ大丈夫、とも思う。軽くなった。背中は骨骨している。人間も猫も老いを看取っていくのはじめじめした感傷は邪魔なのかも、そのときの相手の体調を判断して動けるようにしておかないとだめだなと思った。
緑内障のせいでもう見えない、目が見えないのは不自由だし、危ない、かまわず歩くので他の猫にぶつかりそうになって、はたかれたりするし。

しっかりしなくちゃ、頑張らなくちゃ、と思うが、かわいい、かわいい、私の拓郎。心配と不安で、少し気が狂いそうになる。いつか見送る日がくるのだろうか。私は耐えられるのだろうか。

あやちゃん天国へ

おとなしい猫だった。おとなしいから、具合が悪いのに気づくのが遅かった。トイレから出るときに足がよろけたのでびっくり、すぐ病院へ、12月から6回通院、点滴、高濃度栄養食をシリンジで、あれこれがんばったが、2/8午後3時息をひきとった。みんなに好かれていて、どちらかというと猫にしては目が小さくぱっとしない顔だちだったが、猫仲間てきには人気があった。仔猫の面倒見もよく、やさしい子だった。散歩のときはすいすい歩き、なにかしゃべりながら歩くのが面白かった。歯は下の歯が抜けたりしたので、たぶん15歳くらいにはなっていたろう。予期悲嘆で泣いたりしたので、埋めるときも涙はでなかった。子持ちで置き去りにされて、私に頼ってきたのがはじまりだから、我が家にきてしあわせだったと思う。自分の息子の康太、しずかちゃんと猫団子でいつもしあわせそうにソファで寝ていたなあ。羨ましくなるくらい仲が良かった。猫同士で完結していたので、人間にはあまり依存しなくても、大丈夫だったから、拓郎や天ちゃんのようにしつこく甘えることもなかった。アマゾンから届いた高濃度栄養食のチューブが無駄になった。強制給餌なんかやっぱりしなければ良かった。最後は2.6㌔だった。めみちゃんやみけちゃんより、かわいそうだったと思う。とらちゃんのときほどには後悔はしないが、食べられなくなったら、人も猫もおわり、なんだなと思う。余分な介護は、医療は、本当に本人のためだろうか。目もくぼみ、骨と皮になって、硬くなってしまった猫を抱き、天国があるなら、神様がいるなら、あやちゃん、いいこだったね、と神様に褒めてもらいたい、と強く願った。

青い花は

この時期青い花はきれいだなって思う。切り絵にするには小さくて難しい、オオイヌノフグリ、ネモフィラの可憐さもちょっと大変。青、蒼、心惹かれるのは空の色だからかなあ。それにしても、「ほんとうのそらいろ」の本の挿絵はいかがなものか。もうちょっと他に描き方あるよねぇ。本手にしてがっかり。

猫の可愛さ。

よだれでくっさい猫の拓郎。おばかで本当にかわいい。かわいいの基準はなにかしらね、他人がみたらきたない毛玉の猫、それでも私にはかわいい拓郎。朝晩のお薬、がんばって飲もうねーーー。

怒れ若者よ、ってさ、思うの。

安保反対、の時代に青春すごして、美濃部さんの選挙には前橋からバスでみんなでいって、応援した世代、自民党の横柄な昨今のマスコミにたいする態度、好戦的な総理、に対して、若者の無反応ぶりと、保身にはある意味感心しちゃう。

いざ戦争になったら、死ぬのは君たちなんだよーー。デモや署名やビラ配りは昔のやり方なら、今らしい反応を見せてくれたまえ!平和がどんなに尊いか、つかまって首をはねられちゃうのは遠い国のことではないのさ、合法的に殺されにいくのが戦争だし、だいいちまもるべき祖国にどれだけ関心があるのか、ほんともうイライラする。おばさんはもう知らないよ、てさ。

展示終わったが。

きき手を突き指状態、手の甲までパンパンに腫れて、今日はしびれ感も。最低な気分。髪もむすべない。パソコン買い替えて、いろいろ移行もまだで、不便すぎ。しかたないか。

古民家なんか嫌いだ。なんか虫とかいそうだし、ほこりやカビや、ずっといると、影までこわい。うすぐらいし。来年はないなあ、と向こうも思っているのではないかなあ。まったく見る気のない観光客には疲れるだけだし。
赤字なのははじめて。ウチュになるのも当たり前ね。ぐすん。

介護の仕事。3.11。

休みがない。具合が悪い人がでて、夜の10時にホームへ飛んでいく。主人は毎日疲れ切っている。心配。介護の仕事は本当に安いし、かぎりなく大変。

アベさんの得意そうな顔みると気持ち悪くなる。自民党に投票した人だって、戦争は嫌いでしょ。あの強気と、傲慢はなにを根拠なのだろう、沖縄の知事にたいしても、どんだけ上から目線なのか、会いもしないなんて。

景気も大事だけれど、平和で穏やかな日常、きれいな海、のほうが私は大切だと思う、「原発はトイレのないマンション」だってラジオで言っていた。メルトダウンして、本当は海にダダモレしている汚染水、それでも電力の安定供給のために原発なのか。なんか変だよね。

竹久夢二にがっかり。

12/7のNHKの日曜美術館、見なければよかった。夢二の残したスクラップブック、黒船やロンドの元ネタが貼ってあって。パクリじゃん、まんまのアイデアいただき、の夢二、やっぱりイラスト系の人なんだ、と思った。お金もらって絵を描く人と、自分の心にあるものを描く人とは、やっぱり違うのだろう、それにしても、あっちとこっちのイラストを合成して、あの有名な絵ができたとは・・・亡くなる前に、処分するべきだったねぇ。

吉祥寺に行ってきた。違和感あるが、うまかったなあ。

雨の日曜日、見たい切り絵の個展の最終日、無理して行ってきた。靴の中までびしょびしょ。
今の世代はデジタルに抵抗ないんだね、原画をみたけれど、モノクロでびっくり、彩色はパソコンで、だった。どうりで綺麗に色が入っているはず、失敗もないはず、あれこれ考えながら和紙を選ぶ苦労もないはず、なのでした。少々拍子抜け、今の若い人は本だって端末で読むんだものねぇ。紙の手触り、持ったときの重さ、質感、関係ないんだものねぇ。こんな嘆きの私もブログで愚痴っているんだから、同類ですね。切り絵は、切った後、貼るのも大変、和紙の場合は気に入った色合いがない時は、自分で染めたり、色和紙を重ねてみたり、そーんな苦労はデジタルにはない、青空から真っ赤な夕焼けに変えるのもパソコンでタッチ一発なのねぇ。とっても違和感。でしたが、デッサンもしっかりして、作品はとても好感度。作家さんもいい感じで、。。。それでも、いまどきの実体のない絵には。。。いいのかなあ。。。

ポールが望むものは

武道館の高額チケットは完売、さすがポール、すごいなとは思うが、なんでだろう、という感じもする。ときどき、ジョンだったら、こういうコンサートにしただろうかなって。ビンボウな私には、とっても手が出ない。販売方法にも、無理。本当にポールが望んだのだろうか。ポールクラスなら当たり前なのだろう、だって完売だもの。国立のチケットもやっとなのに、日本は豊かなんだね。なんだか割り切れない。10万円のアリーナの観客はきっと、宝石じゃらじゃらさせて手拍子するのかな。皮肉屋のジョンなら、きっとそう言うに違いない。

雪かき。73センチかあ。

屋根からの雪で玄関からでられない。車のまわり、やっと雪かきできた。雪、溶けない。
OVO,今一つだったなあ。東京は暖かかった。前橋に帰ってきて、雪の残る道をこわごわ歩く。100㌔はなれているんだなって。
我が家の財政が逼迫している。イベント続きで、東京までの交通費、個展経費、ちょっとずつかさんで、苦しい。
がんばれ、アタシ。

くまモンとどいたぁ。

シンクビーのくまモンのお財布、ちょっと高いかなと思ったが買った、届いたかわいい。。。中に入れるものがないが、来年は札束でギシギシいわせたい。にゃ。

拓郎、不調。抜歯しても、だめだったね。治らないってさ。しくしく。インターフェロンで対応。V字恢復ならず。今日はおとなしく寝ている。猫で私の気持ちも一喜一憂。仕方ないか、とも思う。口内炎で舌の炎症がすごい。缶詰もなめるだけ。明日も病院。先生頼み、です。

新年早々の猫展。

何回も同じテーマの猫展でいいのかなあ。今日トートバッグ発注。作品は送り。寒いし。人が来るだろうか。
急に決まったから、なんにも準備できてない。仕方ないか。

主人がケアマネに合格、よかった。甥のM君も一級建築士にやっと合格。来年は少しはましな一年になるかなあ。二人ともよく頑張ったのだもの。

猫の拓郎、薬が終わった。まだ油断できないが、このままよくなるのだろうか。抜歯したあとはきれいだと、よだれも止まったし。新しい先生は手早いし、びっくりするくらい安い。儲からないだろうなあと思う。病院のスリッパもボロボロだし。快活な感じの良い先生、はっきりとした物言いだし。

くまモンのお財布が欲しい。シンクビーの。なかなか決心がつかない。長財布って小さいバッグに入らないの。かわいいから欲しいのだけれど。買っちゃおうかなあ。

フェイスブックって。

知らない人から友達リクエスト、なにかメリットあるのかなあ、よくわからない。みんな自分が大好きなのね。いいね、ってそんなに言われたいの??

ココア、噛み癖ひどくなる、月ちゃんに噛み噛み、なにが不満なのか。。
拓郎、ステロイドやめたらよだれが止まった。薬のせいだったのか。抜歯の上手な先生がいないかなあ。

猫展まであと一週間、なのにまだあたふたしている。一年前から決まっていたのに、自分がいやになる。

いろいろ頼まれごとにうんざり。名刺たった30枚にこだわりの直しの指示、自分でやればいいのに、ネットで無料のソフトなんかいっぱいあるのにさ。パソコン持っているのに。使えよ、と思う。断れない自分もいやだ。

主人が夜勤。介護の給与の安さ加減、どうかしている。主人が夜勤だと、いなくてつまんない。いままで一番楽しかった時期は主人が失業して家にいたとき、朝から晩までいっしょで楽しかったなあ。介護は激務、疲れ切って帰ってくる。ご飯食べると椅子に座ったまま爆睡。疲れているんだなあ。

多頭崩壊の話を聞いてから怖い。自分たちがそうならない保障はないなあと思う。猫も人も、老後は心配ねぇ。元気でいられますように!!

康太。猫。

膀胱炎はよくなった。注射5600円。明日からの板東さんの撮影してくれた康太がカレンダーに登場、おとなしくて、手のかからない、やさしい康太、ごろごろ喉をならす音がおおきい、ハンサムの部類ね、しっぽも長いし。人間だったらなあ、と思う。優しくてあわてない、頼りになりそう。もてるかな。

スズメバチとカクレミノの木で、恐怖。

隣の家、家の境界のところに植えてある木、カクレミノっていう木にスズメバチがブンブン!いっぱい飛んでいて、怖くてたまらない。二階からみると、すごいいっぱい、ヤツデの実のような、緑色の地味な、実かとおもったら、花、ネットで調べたら、スズメバチの大好きな花なのだそうで。怖い。隣のKさんは気が付いていないのかしら、境界ぎりぎりにあるので、隣の玄関より私の家の玄関に近いの、大きな黄色い頭の、みたこともないようなでっかい蜂!!洗濯とりこむのも怖い、新聞とりにいくのも怖い、猫の拓郎はほとんど黒い猫だし、狙われるかも。あんな木は切ってほしい。通学路だし、子供が刺されたら大変でしょ。それにしても、巣はどこにあるのかしら。紅雲町は空き家だらけだから。裏の家も、反対隣の家も空き家で木や草がぼうぼうだし。どこにあっても不思議じゃない環境なの、怖いよっ!!

きりえ展ふたつ。

グループ合同展、県のきりえ展、続けてふたつ、私はみんなで何かやるのが苦手、面倒なことは人に頼むより自分でさっさと片付けるほうがいい。お願いします、とみんなのことなのに、頭をさげて、結果不十分、疲れるなあ、って思う。こまかい仕事ぜんぶ引き受けて、結果疲れている。

絵を描くのは孤独な作業、でも、人にみてもらわないと、なのだけれど、なんだか矛盾しているなあ。観てもらうために描いているわけではないのだけれど。共感を求めているわけでもなく。よくわからんのだにゃ。

グループ展の来年の予約をした。

五月の予約日をすっかりわすれていて、来年は四月になった。市民文化会館、そんなに使いやすくはない。会場のなかに大きな柱、壁面に収納室の扉、なぜ設計段階でどうにかできなかったのかなあ、と思う。駐車スペースも少ないし。●前橋の人間には、車が不可欠、お年寄りだからこその車生活、バスが不便、というのもあるけれど、中心商店街がさびれたのも、駐車場問題で失敗したからだと思う。駐車代を払う感覚は前橋の人間にはない。一時間100円でもだ。田舎だからかなあ。車で横付けできないと、ほんとうにメンドクサイといわれるのがオチ。市の美術館、アーツ前橋、今だって駐車場はいつも満杯、どうせ作るのなら、南モールのコストコや、ベイシアのあるところか、赤城山の自然たっぷりの山の中腹につくればいいのにと思う。もう死んでしまった中心商店街、ちいさな店舗の多くは老齢化、後継ぎなし、やる気なし。難しいのではないだろうか。
●高崎と比べて、市長の才覚が違うようだ。美術館、つくらないと公約したから投票したののねぇ、と友人も嘆いていた。公民館も美術館も、超古い建物のリフォーム、使いにくいんだよっ。

ミュシャ展・六本木ヒルズ・大竹まこと・見てきたにゃ。

ミュシャ展よかった。

雨の日、ヒルズ、寒かった。マドラウンジ、デザートセット、1380円、まずい。眺めはいいんだけれどね。

東京シティボーイズ、キタロウが案外よかった。三人仲良しなんだね。
芝居はやっぱり脚本がしっかりできてないとだなあ。後味のよくない舞台だった。

拓郎、今回は注射が効いたみたい、食欲もでた。よだれはまだ。元気がでたから、よしとするか。

裏の家が取り壊しで。

ななめ裏の家、鉄筋コンクリート、質屋?かなにか昔やっていた、がっしりとした造り、もう何日も何日もかかって重機が入って壊している、振動が一日中!!!!!私の家が揺れる揺れる。気持ち悪くなるくらい。鉄筋の、民家ってめずらしいかも、取り壊すのが本当に大変、木造なら3日くらいで壊せるのに。すごいコンクリートのかたまり、きっとどこかの山の奥とかに捨てるのだろう。あんまり丈夫な家もさ、始末が悪いよねぇ。

今日は雪降っているのに、相変わらず作業は続く、振動が家までひびくの。ああ、タオルもって工事の人が挨拶にきたけれど、タオル一本じゃ、、こんなに騒音と振動がすごいと思わなかった。

寒い。

母のスケッチブックをしまう。100冊近い。絵のなかの母はいきいきと生きていた母の証し。
和室に父のめがねや短歌の手帳など。断捨離。思い出の品物は、最後に片付けるのね。でもさ、なにもなくなった部屋で、さみしくないの?
いらないもの、役に立たないもの、そんなものがアタシは好きなのに。


忙しい年だった。1月東京で個展、5月二人展、7月軽井沢で個展、10月切り絵の会の展示、11月気まま猫展8回目!12月教室の三年に一度の展示、ほとんどDMからキャプション、展示まで一人でやったの。
暮れに疲れがたまっていたのか、風邪ひいて、いまやっとよくなったところ。咳がのこった。
来年は?まだまだ頑張れるかなあ。もう一冊絵本作りたいの。

リンゴスターにあえるのが来年の楽しいこと。あとは切り絵の合同展2回目、これはめんどくさい方ね、猫展9回目は頑張る、新企画にゃ、新しい歌舞伎座にも行って、北海道にも行きたいけれどこれは無理かも、猫ズがいるし。

主人はずっと出勤。5日まで休みなし。介護の仕事は思っていたより大変。生活できる賃金体系ではない。休みは少ない。人が少ないから、休みたくても休めない。どこも同じかなあ。

いろいろ大変。忙しすぎ。

展示がかさなり、ろくに猫と遊ぶ時間がない。
公民館のサークルの切り絵の展示が市民文化会館で10/6から、
ヨーさんでの展示が10/1から一週間、
市の文化祭が10/26から、
シャンティー猫展が11/10から8日間、
切り絵教室の三年に一度の展示が12/4から一週間。。。

当然それぞれに搬入、搬出、展示作業があるわけで、
しかも案内はがきを作るのも、キャプションをつくるのも、プレス関係の案内、会議も、
ぜーんぶ私の肩にかかっているのだ。。。。なんてこった、他人の世話をするほど能力はないのに。
毎日ドリンク剤飲んでビタミン剤のんで、もうあたまがいっぱい。。

主人入院ちう。

昨日手術。案外大変だった。もっと早く手術してれば、と思う。
痛くてうめいてた。お熱もでてる。自分も周りも健康でふつうの生活でないと、本当にたいへん。
病気を苦に自殺、とかわかるなあ。人の笑い声や、陽気なお見舞客には殺意さえ感じちゃう。

体質的なものかも、仕事のせいかも、無理すれば再発もあるって、ガンではないけれど、仕事かえられないかなあ。あんまり丈夫な人ではないし。なんだかなあ。。。

ココア500g+。

500グラムこえて、やっと離乳食、やわらか猫缶食べ始めた。よかった。大きくなるには、もうミルクだけではだめだものね。

ミルクは三缶飲みきった、かわいかったなあ、と思う。ミイミイとないて、上手に飲めるようになって、いまはすごいやんちゃぶり、こわいものなしのココア。みんなとうまくやれますように。

背中の傷跡もだいぶ小さくなった。毛もうっすら生えてきた。先生は、人為的な傷かも、と、まるくはげた皮膚の傷跡。ちいさな背中の半分くらいのかさぶた、いったい何があったのか。。。

ともかく、我が家の12匹目のココア、人がみたら、みっともない、小さな猫だけれど、かわいい、というのは見た目ではないのだよね。がんばれココア、大きくなればきっと美人になると思う。

子猫の名前はココア。

5/31木曜、大間々へ搬出へ向かう途中、220g、たぶん野良猫の子供、でも誰かが駅のそばに捨てたのだろう。目はぐちゃぐちゃ、背中に大きなかさぶた、道路の真ん中をよろよろ歩いていたのを車をとめて拾い上げ、助手席の袋のなかへ、鳴きもせず、じっとしている、そのまま、動物病院へあずけた。夕方引きとりに、クラミジア、ヘルペス、いろいろ感染しているので、隔離、5時間置きにミルク、1ccの注射器から上手に飲めるようになった。ふかふかの猫ベッドが母猫に似ているのか、頭をぐいぐい押し付けておっぱいを探す様子がなんとも哀れでたまらない。

体重もふえ、300gに、うんちもでたし、かさぶたも取れた、大きなきずあと。。。
なんとか大きくなるかなあ、と名前もつかた。ココア、頑張って大きくなるんだよ。太田ココア、姓名判断で良い画数を選んだのだから、ね、幸せになろうね。

拾わなかったら、駅前だし、たぶん数秒後には車にひかれていたろう。掌に伝わる、あたたかな子猫の命の重さを考える。

拓郎不調。 猫の口内炎は治らないの?

拓郎、不調。
注射して、たいていぱっと回復するのに。心配で絵に集中できない。

花粉症で咳がでる。のどがしょっぱい。。

猫はみんな寝ている。静かな家だなあ。

元気になりたい。母はいつも元気だった。人のことを悪くいうのをみたことがない。
母にかかると、みーんないい人になる。とっても苦労した生い立ちなのに、不思議なくらい、底抜けに明るかった。こんな私をみたらがっかりするかなあ。

がんばろう、と思うだけで、疲れちゃうんだ。

0655のわんこ。

去年の11/29と2/28の0655に藤枝市のそらちゃん、だぶりで登場だった。かわいいからいいけれど。いいなあ。
まとめて見ようと思って録画してあったの、わんこは登場が少ないような気がする。

それにしてもお笑いはもうそろそろ終わりかなあ、つまらないを通り越して、毎回同じタレントね、うんざりする。
ケーブルテレビにしていてよかった。つまらないときはイギリスのミステリーがいいんだにゃ。

サティのあとのリリカ行ってきた。明るくてきれいなのに、なぜか廃墟のような印象の店内はどうしたんだろう。
三階の100円の衣料品とか、見ていてつらくなる。リサイクルだからエコなんだろうけれど。

駅前のヨーカドーの跡も、もう人の流れが変わってしまった今では、出店しても、もう駄目なのではないかしら。
10年後の前橋、街全体が廃墟、砂漠みたいになあんにもない街になっているのがみえる。
5年後かもしれないね、けやきの巨大ショッピングセンターも歩いている人たちは、ほとんど手ぶら、買い物しないでただ歩いているだけみたい。売れてないんだ。
ぽつぽつ閉店する店もあるし。消費税上げたりしたらもう立ち直れないって言ってた。どうなるのかなあ。

母の誕生日。

母の誕生日。かわいい母だったなあと思う。人の悪口いわない。母にかかるとみんな良い人になっちゃうんだ。
両親を早く亡くして、とっても苦労したひとなのに不思議だけれど、生まれつきの陽気さから人に意地悪もしないし、されたこともないのかしらと思う。

のり巻きとか、混ぜご飯とか、お赤飯とか、今日はナントカの日というときは必ず作ってくれた。新しいものも好きでテレビでみたお料理なんかも真似して作っていたし。お母さんののり巻き、食べたい。なんか涙でてきた。。。

個展終わったぁ。

風邪ひいて、なかなか準備もおもうようにできず、二年ぶりの猫町なのに、体調極悪、雪も降るし、寒い時期なので来て下さる人にも申し訳なくて。
それでも、さまざまな人に出会えるのがうれしい。やってよかったなあとしみじみ。これで一連の作品にやっとしめくくりができた。本にもまとめられて、評判もいいし、いろんな人に支えられて幸せなことだと思う。

猫の看病の話が多かったなあと思う。人も猫も、幸せな老後の過ごし方が難しい。

どこまでも前向き、精一杯の生き方、動物は苦しいからって自殺なんかしない、じっと耐えてがんばる、その日その日を精一杯だね。私もがんばろうと思う。それにしても暮れに引いた風邪がよくなったり、また元に戻って咳が続いたり、ちっともよくならないので、われながらあきれる。もうパブロン一箱飲んだのにさ。お医者さんの薬も全部飲んだよ。このだるさはなんなんだろう。がんばれ、自分。

憂歌団の木村さん・天使のだみ声

きしんのライブに行ってきた。
一年ぶりだった。
東京とかと違ってすごく近い。「胸が痛い」も歌ってくれたよ。よかった!!!

相変わらずだったけれど、前橋の客はおとなしすぎたみたい、やっぱりちょっとやりにくそうだったね。
。。。バンドが解散してから何年だろう。東京のクアトロにも、静岡にも、横浜にも金沢にも行ったね。
われながら本当に木村さんが好きなんだなって思う。いまは充揮っていうんだよね。
「小さな花」ってCD買ってサインしてもらった。指、近くで見るとすごく細くて、繊細な感じがした。あんなにぶっつずけで歌ってギター弾いてて、すごいなあとしみじみ。前橋まで来てくれて、ありがとうでした。

猫展終わったぁ。

正味八日間、ちょっと疲れた。トシですねぇ。
一年に一回、せっかく来てくれたのに、会えなかった人もいて。
いつまで続けられるかなと、ふと不安になるけれど、地方の一都市で、同じ猫展を七回も続けているって、すごいことだと思う。絵はでなかったけれど、カレンダーとかわざわざ買いに来てくださる人もいるし、新聞とかの告知が遅かった割りに、紙面で大きく取り上げてもらって、しあわせなことだと思う。

来年はどんな感じにしようかなあと考えているのが楽しい。ケーキ屋さんの二階っていうのがいいね。。。ケーキってなんかうきうきするもの。店長さんもかわいくて、いつも元気いっぱいだし、がんばらなくちゃって思う。

猫も上手にお留守番できたみたい。主人はだいぶ疲れがたまってしまった様子。いろいろみんなアリガトウ!!!

前橋のコストコだけなのかなあ。シワシワのアスパラってさ。

この間八月にできたコストコ行ってきた。シワシワのアスパラ、黄色く変色したトウモロコシ。生鮮売るならしっかり管理しろよ、と思った。ただでもいらない、あれは生ゴミですねぇ。

レジがすんで、袋は有料、袋のデザインも好きじゃないし、買ったピザ抱えてよろよろ出たらレシート見せろって両側に係員。知らなかったけれど、コストコってレシートチェックなんかするんだ・・・・形式だけの点数チェックなら、しなくてもいいだろ、って思った。

ペットフードも種類もないし、買うものはなにもなかった。パンだって、ちゃんとしたベーカリーのほうがいいと思う。
そのうち撤退かなあ。群馬県民は飽きっぽいからね。一昔前と違っても今の日本人は欧米崇拝なんかしないよっ。

と、不満たらたらなのはレシートチェックされたせいかも。どんな理由があるにしろ、感じ悪いですよ。
それと、電話したときの案内の音声の英語のへたくそなこと。一年以内に会員脱退してお金返してもらおうと深く決心しました。一回行けば十分、コストコに期待しすぎたのかなあ。

ジョニー・ウィアーのDVDがキター!!

氷上のポップスター、ジョニー・ウィアー、昨日届いたの、12才の彼が滑っていたトウモロコシ畑、生まれ故郷の風景、見たことのなかった映像もあって買ってよかったと。。。が、肝心のスケートをしている映像はボケボケで、本当に見たかったのは、ノーカットの滑っている映像、クリアなのが見たかったの、どこかにないかしら、youtubeとかではいやなの、高くてもいいから、アヴェマリアとか、フォーリンエンジェルとか、綺麗な映像でフルバージョンで見たいのは、私だけ?著作権とかあるのかしら、ほかのDVDなら入っているのかなあ。。。

新潟で見たジョニーの笑顔がまだ残像で心がまだふわふわしている。ちやんと双眼鏡のいいの持っていったから、オープニングとエンディングのジョニーもしっかり追いかけて見られたし、本当にキュートな人なんた゛なって思った。

また日本に来る機会があったら、絶対行きたい!!!にゃっ!!

ジョニーウィアーのバラの冠。

朱鷺メッセ。はじめて行った新潟。晴れていた。前橋は台風で雨すごかったのに。

ジョニーはやはり美しかった。こんな美しい人がいるのだろうかと思う。ほかのスケーターもどれもすばらしいけれど、ジョニーウィアーは違う、本当にすごい。見に行ってよかった!できれば三回とも見たかった。1万8千円は高くないと思った。来年、またどこかで見たい。ジョニーの素晴らしい演技、うっとりするようなスケーティング、見終わった後涙があふれた。

オープニングとエンディングのときのジョニーの笑顔。きらきら輝いていた、すっごく楽しそうだったなあ。
DVDを買おうと思った。プライベートな部分も入っているっそうだし。。。しあわせな一日でした。

猫風邪。

早くよくなってね。拓郎が5種ワクチンで死にかけてから全員打つのをやめて、完全室内飼いだからと安心していた。よくなったらちゃんとしよう。しっぽちゃんが一番ひどい。今日又連れて行くけれどいい先生だといいな。いつもの先生が一週間の夏休み。長くない!!!家が大変なときに。。頼りの先生がいないなんて、心配で何も手につかない。

ドイツ。いいなあ。山本太郎がんばってるけれど。

ドイツは原発廃止だって。決断早いなあ、いいなと思う。原発リスク過ごすぎでしょ。もうどうにもならないって、みんな知っている。日本人は冷静でクール。でも怒るときは怒っていいんだよ!!

テレビで女性高飛車評論家が言ってたように、確かに原発で直接的にはまだ誰も死んでいないけれど、原発のせいで避難しなければならない人、原発のせいで処分されてしまった家畜、原発のせいで捨てられた野菜。
いったい誰が責任とれる???お金で補償すればいいってものではないでしょ。

原発なんかいらない。節電するから、我慢するから、もう二度とこんな思いはしたくない。
家が、故郷が、ちゃんとあるのに、見た目では何一つ変わってないのに、帰れなくしたのは誰??
福島原発はいろんな人が危険性を指摘していたのに、安全だって、なにひとつしてこなかったのは誰!

メルトダウンの次はなに?
放射能まみれの誰も入れないゴーストタウンが増えるだけ?
これからどんなことが起きるのか誰か本当のことを教えてほしい。

石川●●のような保険に入ってなくてよかった。

その保険はたぶんいざというとき一円も 払ってくれないだろうな。
ヨン様。。やっばりすごいなって思った。

テレビのACのCMがいやでテレビ消している。
被災地には同情より、カタチになるものが必要なんだね。目に見えないものは役に立たない。
テレビ見て泣いているなら一円でも手助けをしたほうがいいに決まってる。

原発。東電の事故隠し。命か原発かという感情論はよくないってテレビで誰かが言ってたけれど、
命か原発か、じゃん。核って人間が扱ってはいけないものなのじゃないのかな。事故があったら誰も責任とれないし。
「原発がどんなものか知ってほしい」
http://www.iam-t.jp/HIRAI/index.html#about
http://hamaoka2009.ciao.jp/index.html

体重が増えたにゃ。

11匹目、ガリガリで背中をさわっても骨がひとつひとつ数えられるくらいだったけれど、ひきとってきてから600グラム体重がふえ、顔つきもふっくらと猫らしくなった。よく遊ぶし、ごろごろも上手、まだまだ臆病なところはあるけれど、自分のピンクのふわふわベッドでのんびり寝ている姿はかわいい。

みんな仲良く暮らしてね。猫も人もしあわせな人生ってなにかなあ・・・と思う。
動物の心が読めるハイジに聞いたらわかるだろうか。膝の上で眠る天ちゃんをみつめながら、お前は幸せ?と聞いてみる。

11匹になりました・・・・

結局金曜日に連絡があり、猫をひきとってきました。
やせてガリガリ。家についたとたん、周りの猫たちに目もくれずガツガツとご飯を食べて、缶詰のウェットフードが好きだったのね、先方では朝一回のカリカリだけだったから、かわいそうで胸がつまる・・・
ようやくおちついたら、今度はびびりはじめて、カーテンのかげに。

今日はすこし慣れてきたみたい、早くなじんでね、みんなと一緒にしあわせな毎日を送ってもらいたいの、あんなところに何年もいたかと思うとかわそうでたまらない。お腹に虫もいるみたい。明日病院に行ってこようと思う。歯石もすごいし。

とにかく、引き取れて結果としてはよかった。かわいがっているつもりだったというが、人間に置き換えてみたら、といいたい。朝一回だけのトイレ掃除とカリカリだけの食事、悪臭でアンモニアが鼻をつく畳も変色している部屋に七匹。換気扇も、オモチャも、寝床も、なんにもない部屋。人間だったら虐待といわれても仕方ないよね。猫だってだめでしょ。

猫と暮らすには

我が家には猫が10匹いる。
部屋の中を自由に歩き回り、それぞれお気に入りの寝床で寝ている。
ご飯はいつでも好きなときに食べられるようにカリカリ、缶詰、いろいろ取り揃えてだしてある。
トイレも大きなのを二階に三個一階に二個。いつも家にいるので、トイレを誰かがしたら、すぐきれいにかたずける。ポリ袋は1000枚入りのをつかっている。砂はヒノキの燃やせる木の砂、ご飯とお水は三箇所においてある。
みんなのんびりすごしている、寝るときも一緒、枕元で猫のごろごろを聞きながら、眠りにつくのは本当にしあわせな気持ちになる。
私の家は、誰も猫臭くないねって言われる。ちゃんといろいろ気をつかえば、臭くなんかならないと思うのだ。
これが私のベストなのだ。本当は、かご猫のしろちゃんみたいな飼い方が一番なのだけれど。

なんでこんなことを書くのか。
私が保護した仔猫、猫が好きという、大切にする、という人にあげた猫が、ひどい悪臭のする汚い部屋に、畳も汚れていて、そんなところにいたなんて、10畳の部屋に七匹。おもちゃもなく、猫ベッドもない。
ご飯は朝一回カリカリだけって。
それでもその人は、獣医さんでワクチンも打ってもらっているし、猫たちもやせ気味だけれど、目もきれい、鼻炎の子もいなかった。問題は、だ。

NHKの「0655」をみてほしい。いっしょに遊んで、ともに暮らす、というスタンスが必要なんだって。
猫部屋にいれて、ご飯をやって、それでしあわせ?
猫部屋以外はとてもきれいにしていた。綺麗好きなんだろう。

どうやったら猫をとりもどせるだろう。そんなことばっかり考えている。


「今」を生きる・・・LET IT BE

画像
猫と暮らしていて、一番いいことはなんだろう
ソファの上でおなかを出して
これ以上のしあわせはないにゃって、ひたすら眠る猫たちを見ていて考える

あと30年もある住宅ローンや
老眼が進んで焦点のぼやけた目のことや
これから起こるかもしれない憂鬱なあれこれを
思い煩うのが馬鹿みたいに思えてくる

「今」を楽しんで、ちょっとだけがんばろうかなって思った。

やっとショーケン見に行ける!

11月1日の中野zeroホールのチケットがとれた。やっと見に行けるんだ・・・・うれしさがじわじわとしみてくる。
DVDでしか見たことがないの、すっごくたのしみ!!!
猫展が前日まであるので体調に気をつけて頑張らないと。
写真は拓郎。寝てばっかりだねぇ。アマゾンの空き箱、お気に入りです。

画像

長い月ちゃん。

連日暑いので猫のためにもエアコン入れっぱなし。38度って、温暖化のせいなの?

月ちゃん、ソファでのびーんとしているところ。月ちゃん、シーバが大好き、ヨーカドーで280円と激安で売っているのでいっぱい買い込みました。またあと10箱くらい買ってこようかなと。ほかの猫も食べるし。

猫でも人間でも、これが大好き、っていうものがない人は、だめ。と思う。
私の場合はビートルズ。聴くと元気になれるよ~
画像

松井 三回振ったら三振だよねぇ

コーヒーのCM。
野球オンチの私でも三回振るって、ブラックジョークなの??
野球で三回ふってはいけないよね。変なCM。

大画面のテレビにして一年、悪いけれど、MINOさんとかフジのめざまし朝とか、暗いニュースばっかりなのでせめて女子アナ並みとまでいかなくても見た目重視のキャスターにしてほしい。朝からオジサン見たくないし、って言うわけで最近は日テレです。松井のアップもつらいぞ。

ペルセポリスというアニメを見た。

イランの長編アニメ。モノクロ、一部カラー、イランといってもイラクと区別できない政治と地理オンチの自分だが、とても興味深く、またおもしろかった。どんな戦争や内乱の時代でも思春期の子供たちの持つエネルギーと明るさはすごいなと思った。宮崎アニメは私には退屈、こんなのは作れないなと思った。
ビージーズはもう古いの、と言う少女がかわいかった。

どんな時代でも、どんな国でも、音楽は普遍的な言語で若者たちの心をつかむのだなと思った。私がビートルズに夢中になったように。リバプールから生まれた音楽が遠い日本の一地方都市の、15才をとりこにするなんて、同じ現象が世界中でおきていたなんて、ネットも発達どころか影もカタチのない頃だもの、今思うとすごいことだったなとしみじみ。

ペルセポリス、是非見てほしい。国というものはいったい誰のためにあるんだろうと考えてほしい。

ジョニーウィアーに金メダル。

はじめてジョニーウィアーをテレビでみたのは何年前だろう。こんなに美しいスケートをするのかと驚いた。そして演技がおわったあとの輝くような、すばらしい笑顔にひきこまれて。美しいものは、はかない一瞬のものと思っていたけれど、今でもジョニーは美しい。私たちの心をひきつけるのは、演技だけでなく、ジョニーのピュアな精神なのだろう。
ジョニーウィアーに金メダルをあげたい。力強さ、華麗さ、しなやかさ、ランディングの美しさ、指先まで美しい動きのひとつひとつにレベル4。

ジョニーウィアーを見たので、私のオリンピックは終了。

介護職って

主人は認知症のホームに勤めいてる。早番、遅番、夜勤、明け、休み、の五日間ののサイクル。正月もクリスマスもお盆も関係なし。お休みは疲れきって寝ている。カレンダーまったく関係なしの生活なので今日が何曜日なのかわからなくなる。

日本が週休二日制が一般的になったのはいつごろなのだろう、改めて介護職の勤務はたいへんだと思う。給料の安さは言うまでもない。どうやって生活できているのか自分でも不思議だ。貯金なんかもちろんできない。服なんかも見ても買えないのでデパート歩きもしなくなった。

校長先生をしていたヒトも、銀行の支店長をしていたヒトも、認知症になるんだ。不思議だなって思う。頭を使っていればぼけないって誰かが言っていたよね。関係ないのかなあ。

一日絵を描いていて誰とも話さないと、自分もぼけてしまいそうで心配になる。
手にも頭の中にもケシゴムあり、ね。

ビートルズBOX。

ネットで買ったので9日前には届いていたのだけれど、展覧会の準備が忙しくて聞けなかったの、やっと一段落なので、ちょっとだけ聴いてみた。

しあわせ。

ライオンハミガキを山ほど買って、ビートルズの武道館公演を見た17才の頃に戻れた。

あの頃、夢見ていたものさえ思い出せないのだけれど、ビートルズを聴いていると胸の奥が今でも熱い。

しあわせだ。と思った。音楽でも、人間でも、心から好きだと思えるものを、持っていることに感謝したいなって。